自分にあったシャンプーを選ぶポイント?

はてなブックマーク
2016年05月12日

ヘアアクトのストレートのこだわり

 

 

ペッタンコにならないストレート。 

 

丸みのあるヘアスタイルが作れるストレート。

 

髪をかきあげたり、指でクルクル巻いたり動くヘアスタイルが作れる。

 

硬さのない柔らかさのあるストレート。

 

パツンとならない自然なストレート。

 

パサついたダメージヘアがキレイに見えるストレート。

 

ヘアスタイルチェンジが可能なストレート。

 

ストレートをして毛先がパツンとなった方。

 

他店でストレートされている方でも

 

髪の状態によっては動きがついて、自然なヘアスタイルにすることが可能です。(担当者がしっかり髪の状態を見て、ベストな提案をさせていただきます)

 

*もちろんクセをとにかく真っ直ぐに伸ばしたいお客様にはキレイに真っ直ぐ伸ばします。

 

 

 

 

 

ストレートパーマ施術例

 

 

P1030251

 

 

 

 

 

 

 

P1030256

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店と駐車場のご案内!! 

 

 

 

 

 ストレートパーマの施術例!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美容師の独り言!!

 

 

 自分にあったシャンプーを選ぶポイント?

 

 

 

 

シャンプーの主な成分は7割から8割が(水)でできていて、残りの2割から3割の内のほとんどを洗浄剤としての働きを持つ界面活性剤でできています。(その他の成分すべて足しても1割にも満たない場合がほとんどです)

つまりシャンプー剤を選ぶ目安としては「界面活性剤」を注目してみます。

もし界面活性剤の性質をある程度知っていさえすれば、買わなくてもどうゆう性質のシャンプーかある程度の予想ができます。

 

それぞれの分類でもさらに多くの種類に分類することができます。

「セッケン」系シャンプー 

・カリ石けん素地
・ラウリン酸K
・オレイン酸K
・ミリスチン酸K
・『グリセリン/オリーブ油/水酸化K』

などの表記で表されます。
これらは一般的な液体セッケン系シャンプーに用いられるセッケンです。

一般的に洗剤の洗浄力はアルカリ性の方が高くなります。
そのためアルカリ性を示す洗剤は『高い洗浄力』を持つことが知られます。

毛髪はアルカリ性にさらされるとキューティクルが開いてしまう特性があります。
キューティクルが開いた毛髪は表面の摩擦が上昇し、
『ゴワつき』や『きしみ』を生じやすくなります。

またアルカリ性は眼や裂傷など粘膜を刺激することからも分かるように、
潜在的な一次刺激性を秘めています。
なので敏感肌の人など肌の弱い人には刺激に働くこともあります。

ただしセッケンは分解性が良好であり濃度が薄まると洗浄性を失うため、
洗い残して皮膚に残留しても悪影響になりにくい側面もあります。

セッケン系のシャンプーの特徴は

1洗浄力が高い
2アルカリ性による毛髪への摩擦上昇(ゴワつき・きしみ)
3敏感肌には刺激になることも
4皮膚残留しても大丈夫

あまり毛髪の洗浄に用いるのはオススメ出来ないかもしれません。

 

 

「高級アルコール硫酸塩/スルホン酸塩型」シャンプー

主に以下のような表示名称で呼ばれる界面活性剤ですね。

・ラウリル硫酸Na
・ラウリル硫酸アンモニウム
・ラウリル硫酸TEA
・ラウレス硫酸Na(ポリオキシエチエレンラウリルエーテル硫酸Na)
・ラウレス硫酸アンモニウム
・ラウレス硫酸TEA
・ラウリルベンゼンスルホン酸Na
・オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na

これらの洗剤はもっとも市販シャンプーに用いられる。

 

これらの特徴は、

1高い洗浄力
2良好な発泡性
3比較的強めの刺激性

などの特性です。

さらにダメージヘアのダメージを有意に促進する可能性を示唆したデータもあるため、

・パーマやカラー毛にはオススメしにくい

という側面もあると言えます。
敏感肌の人やダメージの進行した髪の方には向かないかもしれません。

高い洗浄力を求める人や肌質の頑丈な方は快適に使用できるでしょう。

 

「アミノ酸系」シャンプー

アミノ酸系界面活性剤は「低刺激」の洗剤。

主なものとして以下のような種類があります。

・ラウロイルサルコシンTEA
・ラウロイルアスパラギン酸Na
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルメチルアラニンTEA
・ラウロイルグルタミン酸Na
・ココイルグルタミン酸TEA
・ココイルグリシンK

「生体適合洗剤」とも呼ばれており、
サロンのシャンプーなどに配合されます。

アミノ酸系界面活性剤は高級アルコール硫酸塩型などに比較すると
非常に低刺激であることがわかっています。

 

低刺激性のアミノ酸系シャンプーは、
敏感肌の方でも安心して洗浄が可能です。
ダメージヘアにも最適です。

しかし
アミノ酸系シャンプーはその他の洗剤と比較すると『洗浄力が弱い』ことも指摘されています。

高級アルコール系の洗剤と比べるとさっぱり洗う能力に乏しいため、
ヘアスタイリング剤でセットされた髪や脂性の方は
アミノ酸系シャンプーだけの使用では十分洗浄が出来ない可能性があります。

特徴としては

1比較的低刺激(敏感肌向け)
2洗浄力が低い
3ダメージヘアにも使用できる

などの特性です。

 

「両性イオン界面活性剤系」シャンプー

「両性イオン界面活性剤系」のシャンプーは以下のような種類があります。

・コカミドプロピルベタイン
・ラウラミドプロピルベタイン
・コカミドプロピルヒドロキシスルタイン
・ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
・ココアンホ酢酸Na
・ココアンホプロピオン酸Na
・ラウリルベタイン
・ラウリルヒドロキシスルタイン

両性イオン界面活性剤はpHに依存して性質が変動します。

一般的には弱酸性~中性では低~中程度の洗浄力を持ち、
刺激性も比較的弱い物が多いです。

(~スルタインはやや洗浄力が高くなります)

 

一覧 TOP