育毛ページ

はてなブックマーク
2019年11月07日

20代男性の薄毛について

20代はまだまだ若いから大丈夫だろうと思っていませんか?
しかし、抜け毛の量や髪の太さ、スタイリングのしやすさなど、なんとなくいつもと違う感じがするという経験は多くの方がしています。
20代でも薄毛で悩んでいる方は多く、「生活習慣の乱れ」や「ストレス」などが原因で引き起こされるといわれています。
仕事が忙しく、友人や仕事の付き合いなどもあるため、外食が増える方も多いのではないでしょうか。外食や市販のお弁当は糖質や脂質が多く、食べ続けると栄養が偏り、薄毛の原因にもなります。
また睡眠不足などにより、ストレスや血行不良を引き起こすことも原因の一つといわれています。

20代はまだ髪の毛の成長が止まる年齢ではないので、適切なケアを行えば薄毛改善が期待できるでしょう。
普段から生活習慣に気を付けることが薄毛対策につながります。
また、将来の薄毛ケアの一環で頭皮環境を整えることを初めても良いですね。

30代男性の薄毛について

30代でも薄毛が進行している人はいます。30代は20代に比べて「差がつく」年代といえるでしょう。
そんな30代では、「頭皮環境の悪化」と「男性型脱毛症(AGA)」が考えられます。
ご自身の頭皮に合わないシャンプーを使用していたり、頭皮ケアを怠っていると頭皮が固くなっていき、髪の毛が育ちにくい環境になってしまいます。
生活習慣の改善だけでなく頭皮ケアも30代から始めることをオススメします。

また薄毛の症状を壮年性脱毛症と呼ぶように、一般的に20代後半や30代前半から始まるとされる壮年期から「男性型脱毛症(AGA)」は進行するといわれています。
頭頂部や前頭部が薄くなり、生え際から徐々に髪の毛が後退するのが特徴なので、ご自身の症状を確認してみて下さい。

40代・50代男性の薄毛について

40代・50代ともなると、体の変化は大きくなり生活習慣などの影響を受けやすくなり薄毛の症状が出てくる人も周りに多くなるのではないでしょうか?
実際に本格的な薄毛対策を行う人も少なくない世代です。
主な原因は「男性型脱毛症(AGA)」と「生活習慣」が考えられます。

男性型脱毛症は男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が関係しています。
ジヒドロテストステロンは、体内酵素の5αリダクターゼとテストステロンという男性ホルモンが組み合わさることで生成されます。このジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を阻害するのです。
年齢を重ねると男性ホルモンが多く分泌されるようになり、ジヒドロテストステロンが増えやすくなるといわれています。

また生活習慣の影響も受けやすくなり、アルコールの過剰摂取やタバコなどや、仕事よる不規則な生活やストレス、疲労の蓄積など若い頃は大丈夫だった生活習慣も年齢を重ねることで回復が遅れ、血行不良などで栄養を阻害しやすくなり頭皮環境にも影響を及ぼすようになります。

すぐにでもできる薄毛対策のご紹介

一口に薄毛と言っても、世代別に様々な原因があります。
しかし、デリケートな問題であり個人差もある為、なかなか相談できない薄毛事情。

それでは具体的な薄毛対策方法を見ていきましょう。

薄毛対策1:睡眠不足の改善
睡眠不足によるストレス、また本来なら寝ている間に分泌されるはずの成長ホルモンが足りなくなったりすると薄毛の原因となります。
7時間~8時間を目安に睡眠時間を確保するようにしましょう。
薄毛対策2:運動不足の改善
運動不足の方は血流が悪化している方が多く、髪に必要な栄養素が頭皮に届いていない可能性があります。
そのため、普段から適度に体を動かすことが必要です。激しい運動をする必要はありません。
お風呂上がりのストレッチや、一駅手前で電車を降りてウォーキングなど普段できる運動を考えてみましょう。
薄毛対策3:食生活の改善
不規則な生活をしている人ほど、回復力がついていなくなってしまいがちです。それは頭皮も例外ではありません。
ファストフードやインスタント食品を避けて、身体に良い食生活を心がけましょう。
可能であれば、健康な髪の毛を作るのに欠かせないタンパク質やビタミン、ミネラル、亜鉛など、髪の毛と頭皮の栄養となるものを積極的に摂取することをおすすめします。
具体的な食品の例として、タンパク質とビタミンBは肉類や魚介類、亜鉛はレバーやあさりに多く含まれます。食事のメニューを考える際はぜひ参考にしてみてください。
食事で取ることが難しい場合は、サプリで取り入れても良いでしょう。
何から選んでいいかわからない場合は、ノコギリヤシ配合のサプリメントがおすすめです。

薄毛対策4:ストレスの改善
抜け毛や薄毛の原因の一つにストレスが関係しています。
ストレスを感じると、交感神経が緊張して血管が収縮し血流が悪くなります。結果、頭皮や髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなり、髪の毛が栄養不足となるのです。また、ストレスによる睡眠不足は、健全な髪の毛の成長を阻害する可能性があります。
これは睡眠不足によってホルモンバランスが崩れ、成長ホルモンの分泌に異常が起こるためです。このように、ストレスは薄毛の促進する可能性があります。日頃からストレスをため込まないように、自分なりのストレス発散方法を持っておくといいでしょう。

薄毛対策5:タバコ・お酒を控える
喫煙することで、血管を収縮させてしまいます。血管が収縮すると血行が悪くなるため、髪の毛に必要な栄養を頭皮に届けにくくなってしまいます。しかしタバコは依存性があるため、きっぱりやめられない場合は無理のない程度で本数を減らしていきましょう。
適量のお酒なら、血行を促進してくれるため摂取しても問題はありません。しかしお酒を大量に摂取してしまうと、皮脂の過剰分泌につながる可能性があります。皮脂が増えると、毛穴詰まりの原因となって髪の毛が成長しにくい環境になってしまうため注意が必要です。
薄毛対策6:ヘアケア商品の見直し
30代以上になると、肌が乾燥しやすくなり、刺激に敏感になってくるといわれています。そのため年齢に合ったヘアケア商品を使うことが大切です。20代のころと同じようなヘアケア商品を使うのではなく、今の頭皮にあったものを選ぶようにしましょう。
まずは、1番身近なヘアケアであるシャンプーから見直すことをおススメします。
普段、何気なく使っているシャンプーも薄毛の原因かもしれません。
薄毛が気になり始めたら、頭皮に刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーを使うのがおすすめです。

また、シャンプー方法にもコツがあります。
一日のうちに何回もシャンプーをすると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。保湿に必要な皮脂を洗い流さないためにも、一日のシャンプーは一日二回程度に抑えましょう。

その際、シャンプーがきちんと洗い流すことがポイントです。頭皮にシャンプーの成分や皮脂が残ると、蓄積細菌が繁殖し、髪の毛の成長を妨げてしまうため、すすぎ残しがないように注意しましょう。
シャンプーをする際は、頭皮を傷つけないように、指の腹でやさしく洗ってください。爪を立ててゴシゴシと力強く洗うと頭皮を傷つけてしまいます。すすぎ洗いをする際も、ゴシゴシと洗うのではなく、丁寧にやさしく洗い流すようにしましょう。

☆正しいシャンプー方法は、以下の手順を参考にしてみてください。
1.シャンプー前の予洗いで頭皮や髪に付着した汚れを洗い流す
2.手のひらでシャンプーを泡立ててから頭皮につける
3.指の腹を使用して頭皮をマッサージするように洗う
4.髪は泡で包み込むように洗う
5.頭皮にシャンプーを残さないように丁寧に洗い流す

 

「薄毛は遺伝なの?」「育毛剤は薄毛に効果がある?」男性なら一度は髪の毛について悩んだことがあると思います。ドラッグストアなどに行くと、さまざまな育毛剤が販売されていますが、育毛剤にも2つの種類があるって知っていますか? リアップやカロヤンガッシュに代表される医薬品に分類されるものと、アデノゲンなどの医薬部外品に分類されるものです。医薬品は脱毛の防止、育毛または除毛の効果があると記載されていて、医薬部外品の商品は「発毛」の保証は一切ないのです。しかし、医薬品のなかでもカロヤンガッシュは「脱毛の予防」という効果のみ記載されていて、「発毛」は保証されていません。その一方で大正製薬からでている「リアップ」はその成分のミノキシジルのおかげで「発毛」する成分が入ってると、厚生労働省が認めています。しかし、大正製薬がだしているリアップですらもはっきりと効果が出るのは30人にひとりだけなんです。それにくわえて、バイアグラがもともと心臓病の薬で、たまたま勃起効果が副作用としてあってそれを主作用にして売りだしたのと同じように、リアップはもともとは血圧を下げる薬で、その副作用として毛が生えたため、育毛剤になりました。なので心臓に悪い、低血圧のひとはリアップを使うと危険なんです。次に医薬部外品にはアデノゲンなどがありますが「発毛」とは表記せず「発毛促進」として言葉を濁しています。このように身近な食品や医薬品の恐ろしさを『コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品』の著者・渡辺雄二氏、元2ちゃんねる管理人・ひろゆき氏、『週刊金曜日』代表の北村肇氏が暴きます。

 

 

ストレッチをするようになってから、快眠、仕事中の眠気がなくなる等、良いことばっかりあったんですが、

 

いつも通りシャンプーをして、頭皮をマッサージしてるときに気付きました。

 

あれ?

 

そういえば最近髪の毛にコシが出てきたなってことに気付きました。

 

どちらかと言えばストレッチばかりで頭皮に対するケアは適当になってたのにも関わらずです。

 

最近特に運動もしてないんですよね。

 

これが全身の血流が良くなった効果か!

 

と実感しました。

 

確かにストレッチをしていて気づいたのは「ピンポイントでストレッチをしても意味がないこと」でした。

 

肩がきついからと言って、肩だけをストレッチしてもいまいち効果が薄いんですよね。

 

一つの筋肉をほぐしても、その周辺の肉が硬いと結局一時しのぎですぐまた固まってきます。

 

周辺の首や胸、背中、脇腹をストレッチするとようやく維持できるってことに気付きました。

 

このことからも頭皮だけをこれまで気遣ってきましたけど、周辺の首や肩ってすごく重要じゃなかったのかって気づきました。

 

これまで頭皮マッサージをしてただけの頃より、マッサージが手抜きになっても、首、肩ストレッチをしまくった後の方が明らかに柔軟なんです。

 

もし、髪の毛に悩んでいて、頭皮が硬いなって思ってる人には是非首肩ストレッチをおすすめします!

 

毎日続けると張りが緩和していくのが日に日にわかって楽しいですよ。

 

 

 

肩甲骨と育毛の関係

肩甲骨をストレッチすることと育毛が関係している理由は、体の血流の状態によって髪が大きな影響を受けているからです。
なぜなら髪を成長させるための栄養素は、血管を通り血流によって運ばれるからです。

ですので、体の血の巡りが悪化してしまうと、髪を成長させるための栄養を頭皮へ送れなくなってしまいます。

 

ストレッチが血行促進に効果的な理由は、筋肉が凝り固まると血流が悪化するためです。

特に、肩や首の周囲の筋肉が固まると頭部の血流も悪化します。
そのため、髪が必要としている栄養が不足してしまうのです。

このように育毛に肩甲骨ストレッチを取り入れる理由は、肩や首の筋肉を柔らかくさせて髪へ栄養を送りやすくするためなのです。

肩甲骨ストレッチの仕方

肩甲骨は、背中の上部にある肩や首の近くに位置している骨です。
腕の骨と鎖骨以外とは接触していないため、可動域を広げることで周囲の筋肉のコリを解消させて柔らかくします。

「肩甲骨ストレッチ1」

座ったままでも出来る肩甲骨ストレッチ方法です。

デスクワークの休憩中などにも気軽にできます。
まず両手を上げて、手の平を外へ向けた状態のまま肩甲骨を寄せながら肘を曲げます。

「肩甲骨ストレッチ2」

引き続き椅子に座ったまま出来るストレッチ方法です。
両肘を上げて、手の平を前に向けた状態にします。
そこから片手ずつ、肩の関節を使いながら腕を90度回転させます。
手の平が後ろを向いた状態で5秒間キープさせて、左右を入れ替えながら繰り返します。

「肩甲骨ストレッチ3」

タオルを使ったストレッチ方法です。
タオルの両端を両手でそれぞれつかみます。
そのままタオルを持った両手を頭上まで上げます。
肩をすくめた状態にして5秒間キープさせて下さい。

ストレッチを行う時間帯は、仕事の休憩中や風呂上り後などがオススメです。

最初の内は筋肉が固いため可動域が狭いですが、ストレッチを毎日の習慣にすることで徐々に筋肉が柔らかくなっていきます。

1日10分程度でも十分効果が得られますので、なるべく毎日行うように心掛けて下さい。

日々の生活の中に肩甲骨ストレッチを取り入れて、健康な体と髪を手に入れましょう!

 

 

 

1 睡眠をしっかりとりましょう
2 たばこはやめましょう
3 シャンプーは毎日しましょう
4 こすらないように指の腹でシャンプーしましょう
5 頭皮をしっかり乾かしましょう
6 刺激物や塩分の摂りすぎは避けましょう
7 毎日頭皮に触れる習慣をつけましょう
8 定期的にプロによるケアを利用しましょう
9 リラックスする時間を持ちましょう
10 乾燥防止のために保湿ケアをしましょう

 

 

抜け毛、薄毛を気にし始めると、育毛にいいからとむやみに海藻を食べたがる人が現れる。コンブ、ワカメにノリ、ヒジキなどは黒々として、イメージとしてはいかにも毛髪によさそうに見える。確かに海藻はビタミン、ミネラルが豊富だから、日ごろ食に不安のある人が天然のサプリとして頼りたくなる気持ちは分かるが、ミネラルには摂り過ぎの弊害もある

例えば、海藻に多いミネラルで代表的なものがヨウ素。これは多すぎても、少なすぎても甲状腺に害を及ぼすことが知られていて、1日の推奨量はわずかに130μg。そして、耐容上限量は3000μg。鉄分の補給を兼ねてヒジキひとつかみ(乾燥、15g)を口にすれば、ヨウ素は6750μgにもなってしまい、摂り過ぎとなる。

それでは何を食べればよいのか。髪の毛には“タンパク質”や牡蠣に含まれている“亜鉛”などが良いとされているので、これらの食材を摂るのもいいかもしれない。しかし過信は禁物。それだけで髪が生えるわけではない。

毛髪もその人のカラダの一部だ。そもそも全身が健康なら毛髪も勢いよく伸びるもの。力強いカラダ作りの基本は特定の栄養素を大量に摂取するのではなく、バランスに注意するのが王道だ。育毛を目指すなら、まずはカラダ作りを見直すべし。

なおダイエットのために糖質制限を実践中の人もいるかもしれないが、極端な糖質制限は毛髪にはよくないので、この点も注意しておこう。

 

 

筋トレをしてカラダ作りに励む人は、トレーニング後の栄養補給や回復のための睡眠を重視している。だから、良質なプロテインやサプリにも投資するし、夜はだらだら起きていない。成長ホルモンも味方に、今日より力強い明日の自分を目指すものだ。

成長因子は医療機関でも採用され始めていて、育毛を目的に専門医が注射、電気装置やガスなども使って頭皮に送り込み、薄毛に悩む人たちに希望を与え始めている。秋風の吹くこの季節、毛髪に不安を感じている人はしっかりとケアをすることが必要だ

 

 

 

皆さまは頭皮や目を動かしていますか?

頭皮 目を動かすことにより、頭の筋肉や眼科疲労の緩和、更に薄毛予防まで出来て
しまうんです。

手を使ってマッサージしたり、ツボを押したりして頭皮のコリをほぐしている方もいらっしゃる

かと思います☆

今回は、手を使わない頭皮ストレッチをご紹介したいと思います!

 1 少し顎を上げます。
 2 5秒かけてゆっくり眉毛を上げ、目を大きく開きます。
 3 5秒キープします。
 4 5秒かけてゆっくり眉毛を下げ、目を閉じます。
 これを5回繰り返します。

この時、頭皮に手を置くと前頭筋や後頭筋が動いているのが分かるかと思います。

硬い頭皮だとあまり感じられないという方もいらっしゃるかと思いますが、頭皮運動

を続けると頭皮も動かしやすくなると言われています。

簡単にできる頭皮運動を習慣化して、血行を良くし頭の筋肉、眼科疲労の緩和、

育毛対策を行っていきましょう!

 

 

沖縄、那覇市の縮毛矯正

美容室ヘアアクト

沖縄県那覇市赤嶺2-3-1Fステージ赤嶺ステーションC号

TEL:098-858-0250

一覧 TOP